12月14日 当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

カテゴリー「お知らせ」 2020年12月14日

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について経過をご報告させて頂きます。

2020年12月2日(水)の午前、および12月3日(木)の午後、12月4日(金)の午前の外来診察を担当した非常勤医師が診察を行いました36名の患者様と外来看護職員が診察補助に付いた1名、合計37名の患者様につきましては、12月9日までに、検査にご承諾いただいた36名の陰性が確認されました。
ただ、新型コロナウイルスの発症には、潜伏期間に幅がある事から、本日14日から2回目のLAMP法検査を実施しております。
また、12月12日(土)に新たに陽性が確認されました外来勤務の看護職員に関するご報告ですが、当該職員は12月8日(火)のLAMP法の検査で陰性が確認されていました。接触した可能性のある患者様につきましては、菊池保健所から12月9日(水)~11日(金)に接触のあった患者様という事で、対象者を確認したところ41名という事がわかりました。
対象の患者様につきましては、本日14日から、LAMP法の検査を実施しており、本日19時現在で、24名の陰性が確認されております。
濃厚接触のあった職員5名につきましては、現在、発熱等の症状はなく、自宅待機をしています。
尚、今後の経過に関しては変化がございましたら、都度ご報告をさせて頂きます。
皆様にはご心配・ご迷惑をおかけしますが、感染拡大の防止に全力で努めてまいりますので何卒ご理解の程、宜しくお願いいたします。

医療法人社団坂梨会 阿梨花病院大津
理事長 坂梨 嘉壽惠
院長  岩下 浩蔵





ページのトップへもどる